無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

#18
あなたside

バイトがおわり、スマホを見るとメールが何件か入っていた。


1つは兄から。



「翔太が忘れ物したから今度届けに行ってあげてくれる?」



これは....きっとわざとだろう。私があのマンションに行く口実を作ってくれたんだ。



「了解」



短く返信する。




もう一つはラウール先生。



「今度家来てよ!」



「ぜひ」と、こちらも短く返信する。







そしてもう1件のメール.......





差出人は「佐久間大介」




その名前に大きく波打つ心臓を抑えながらメールを開く。







「今度2人で会いたいです」



短い文章。でもそれがまるで現実ではないような気がして、何度も読み返す。






ふと、彼に掴まれた左手を見る。






指輪をしている意味。彼への思い伝わったのだろうか。




自然と頬が緩む。






「はい、私も会いたいです。場所はここでいいですか?」




いつものカフェを指定する。





心が高まる。あったら何を話そう。どんな服で行こうかな............






楽しいこと考えながら帰る日の夕焼けは、真っ赤でとてもきれいだった。