無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

#29
佐久間side

突然、涙が溢れて来る。


あれ、なんでだろ....


どうして楽しいのに涙が出るんだろ。




「さっくん...?どうしたの....?」


心配そうに顔を覗き込んでくるあなた。



「...ホントに....もう終わったと思ってた......また隣で笑えるなんて思ってなくて.....」



「なーんだ、そんなこと?」


「そんなこと?って...」


「もう、そんなんで泣かないでくれない?ほら、笑って?ニコって!」


ニッコニコ〜と言いながら俺の頬を掴むあなた。


「なんだよそれ...笑」


「あ、笑った」



突然、チャイムが鳴る。


「あ、私出るね!」


トコトコと玄関に走っていくあなた。その間に俺は涙を拭く。


玄関から「え、あなた!?」と驚く阿部ちゃんの声が聞こえた。