無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

#14
あなたside




「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ⁉︎あなただよな⁉︎あなたじゃん!なんでこんなとこにいんの!?え、どゆこと⁉︎」





物凄い叫び声を上げた後に機関銃の様に喋る翔太。





「久しぶりだね、ひー兄の友達って翔太だったんだ?」



「久しぶりだね、じゃねーよ。え、てかひー兄って…お前照の妹⁉︎」




「そう」




「ねえどういうこと?2人は知り合いなの?」




「あなたはこの間まで俺の隣に住んでて…」


「え、じゃあ揉めた隣人って翔太!?」



「え、揉めたって何?」


「え、違うのか?」




2人の視線が同時にこちらに向く。





「おいあなた、隣の人と揉めたから暫くいさせてくれって…嘘なのか?」




マズい。非常にマズい。




私は兄にさっくんとの事を言ってない。だから兄には「隣人と揉めた」と言ってここにいさせて貰っているのだ。




「違うよな?だってあなたは佐久間と一緒にs」



「おい翔太、佐久間って誰だ?」



「え、あなたから聞いてないのかよ?」



「知らねーよ誰だよ佐久間って」






「えーと…実は…」







仕方なく私は本当の事を話始めた。