無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
2,168
2022/03/18 09:00
『ご不要品のお引き取り致します つくも質店』

 道路沿いの塀に貼られたそんなチラシに気が付いたのは、かの有名大学──東京大学の本郷ほんごうキャンパスで行われる学園祭に行ってみようと、自分が通う大学(残念ながら東京大学ではなく、中堅の私立女子大)の友達に誘われてくだんの学園祭に向かっている途中だった。

 経年劣化からか少し削れた高い塀が続くレトロな雰囲気の坂道の途中、その店はひっそりと佇んでいた。見た目は純和風の古民家っぽい雰囲気で、通りから店の中までは窺えない。引き戸式のドアが数メートル入ったところにあるのが見えるだけだ。
遠野梨花
遠野梨花
(中古品の買い取り屋さんかな?)
 よく広告で見かける『あなたの不用品を高額買い取りします!』という大手全国チェーンの中古品販売業者が頭に浮かぶ。

 立ち止まった足下に、ふわりとした感触がして下を向く。ふわふわの白い猫──この子のことは勝手にシロと呼んでいる──が体を擦り寄せていた。
遠野梨花
遠野梨花
シロ、このお店、中古品を買い取ってくれるんだって
シロ
ニャー
 シロはまるで言葉がわかるかのように、返事をする。

 中古品か。何かあったかな? と、自分の持ち物を思い返してみる。値打ちものの壺なんてもちろん持っていない。

 高校の制服……はさすがにまずいだろう。

 うーんと悩んでいると、「ニャー」とまた鳴き声がした。足下では、シロがもう行こうと言いたげに片手を上げて私の足を叩いていた。時計を見ると、もう待ち合わせの時間まで五分しかない。
遠野梨花
遠野梨花
あっ、早くしないと遅れちゃうっ
シロ
ニャ
 それ見たことかとシロが先に歩き出す。私もチラシから目を逸らすと、慌ててその後を追いかけた。

 早足に進みながら、道路沿いの建築物を見上げる。

 通りの片側にはどこまでも高い塀が続いていた。少し削れた高い壁は下の部分が石積みで、上の部分は茶色のレンガ積み。

 歴史を感じさせるこの通りは、森鴎外もりおうがいの『がん』でも出てきた無縁坂むえんざかだ。とうとう最後まで交差することがなかった、医学生岡田おかだ青年への、とある高利貸しの男のめかけが抱いた恋情。

 今から一〇〇年以上も前を舞台にしたお話だけれど、ここにいるとまるでその時代にタイムスリップしたような感覚を覚える。今に、下駄を履いた着物姿の青年が下りてくるんじゃないかと……。

 ──カラン、コロン。

 軽快な音に、ふと坂の上に視線を向けた。視線の先には、この季節には珍しく雲ひとつない蒼穹が広がっている。
遠野梨花
遠野梨花
え?
 そこに現れた人物に目を奪われた。

 足下は温泉旅館に置いてありそうな下駄、衣装は紺色の着物、高い鼻梁びりょうとまっすぐに前を見つめる切れ長の瞳はきりりとした印象。
遠野梨花
遠野梨花
(まさか、本当にタイムスリップしちゃったの!?)
 思わず、そんなことを思ってしまうほど、その人はこの坂に馴染んでいた。

 落ち着いた様子でゆっくりと坂を下りてくる。

 見惚れていると、こちらに気付いたその人は私の足下にいる見えるはずもない・ ・・・・・・・シロを見やり、柔らかく目を細めた。
青年
青年
大事にしてもらってんなぁ
 小さな呟きが聞こえると、シロがそれに応えるように「ニャー」と鳴いた。

 バサリと音がして見上げると、緑色のインコのような鳥が頭上を舞い、その男性の肩に乗る。

 さぁっと五月特有の暖かくて柔らかな風が吹き、髪の毛を揺らす。

 ──カラン、コロン。

 私は片手で髪を押さえ、後ろを振り返る。

 ピンと伸びた和装の後ろ姿と肩に乗ったインコのアンバランスさが、鮮やかに目に焼き付いた。