無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第150話

@ぐくside









『私は、ちょんが好きです。』









『だいすきです。』









ぐく「あなた...俺は、」









『じゃあね!!』









そう言ってあなたは、




 
  



俺の返事も聞かずに走っていった。









それからあなたが日本に帰ったのは、次の日だった。