無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第67話

『 …テヒョンっ、』









私はテヒョンを呼びながら走った。









テヒョンを探してるわけじゃない。









テヒョンの居場所は分かってる。









でも……









無意識に、呼びたくなったんだ…。