無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第163話

ぐく「ん。あなた、飯。」









『どーもー。』








ぐく「自分で食える?」









『食べさせて』









ぐく「おまっ…自分で出来るだろ…?」









『じゃあいいもん。他の男の人にしてもらう。』









ぐく「やだ」









『( ¨̮ )』









ぐく「ん」








『はぁ…ふぁ…』









ぐく「ん?あくび?」








『ぶぇええっくしゅん!!!』









ぐく「最低」









『やだ、すき』









ぐく「ん」









『照れんな』









ぐく「うざ」









ーー


最近仲良くなった子の宣伝!((


面白いです。


ほんとに面白いです。


がちでおもしr((


見てねー。