無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

ジン「 あなたちゃんにご飯作ってあげてたんだ〜!」



テヒョン「 …ジンヒョン。余計なことしないでください 」



ジン「 ……お前が待たせてんだろ 」



テヒョン「 …… 」



『 …あやねさん、怪我でもしたの? 』



テヒョン「 いや…酔っ払って寝たから 」



『 私、ベッドに寝かせておきますよ 』



テヒョン「 あ、」










テヒョンさんは何かを言いかけ、やめた。









少し疑問に思いながらも、









私はあやねさんをベッドに運んだ。









私がその場を離れてから、









ジンさんとテヒョンさんが、









言い争っている声が聞こえたのは、気のせいだろう。