無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

『 …… 』



あやね「あれ、あなたちゃんどこ行くの?」



『 …ちょっと出かけてくる 』









いつの間にかタメ口になってるし。









なんか…上から目線だし。









…もうやだ。









『 さむっ 』









韓国は日本よりも少し寒くて、









自然と肩が震える。









『 …どこ行こう。』









《 ドンッ 》









??「 あ…すいません。」



『 いえ、大丈夫で… 』









……目の前には私の推し、









ミンユンギがいました。