無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第63話

私はすっかり日が落ちた、









夜の街を歩いた。









ソウルの街は賑やかだった。









…私だけ、浮いてるみたいだよ…。









??「 あれ…君、あなたちゃん!? 」



『 あ、』









『 ちむちむ… 』









ーー



じみんしぃが圧倒的に多かった!



あは☆とか言ってる奴もおったし((



せぶち好きやな、〇〇〇。