無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第104話

テヒョン「お願いします。僕達のこと、応援してくれませんか…?」









テヒョン「今、僕がこうやって日本語で皆さんに話せているのも、妻の…あなたのおかげなんです。」













『…テヒョンっ、この日のために、自分で勉強したんだ…日本語…』










パチパチ…









army「응원할께요!」








army「もちろん応援する!」









army「幸せにしてあげてね、!」









テヒョン「감사합니다...!」










『……もう、幸せだよ…』













NEXT