無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第100話

百話目。


ぷるるるる...












テヒョン「あなた...!?」









『あ、まだライブ始まる前か、良かった...』






 


テヒョン「うん。急にビデオ通話とか。どした?」









『あのね...見て、お腹』









テヒョン「......ぅえ!!?何で!?何で消えてんの、赤ちゃん!何で!!?」←
 



 




『はぁ...相変わらず...。産んだんだって。さっき』









テヒョン「本当に!?予定日通りだったんだね!」









『うん。とりあえずテヒョンに伝えておこうと思って。』









テヒョン「あ、そろそろ始まる」









『じゃあ切るね!』









テヒョン「あ、待って!!つけといて!」









『なんで?』









テヒョン「いいからつけといてね!」