無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

テヒョン「 あやねの、香水? 」



『 は…… 』









体がよろけて、視界が暗くなる。









テヒョン「 え、ちょ、……!…… 」









テヒョンさんの声も、まともに聞こえなかった。