無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第107話

一年後。









スビン「オンマ〜…眠い…」









『こんな時間なのにまだ起きてたの、?』









スビン「うん…」









『早く寝なさい』









スビン「は〜い…」









テヒョン「出かけてくる」









『また…?』









テヒョン「うん、ごめん」









『いいけど…』









最近、夜になるとテヒョンが出かける。









1時間くらい出てって、戻ってくる。









夜にだよ?









……浮気の予感。