無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第175話



でも二人が楽しむのも、つかの間だった。


















ぐく氏、あなたとのデートが楽しみ過ぎてバレないようにするの忘れてる。











マスクも眼鏡もかけないで遊園地にいる二人を、












当然その場のarmyは疑問に思うよね。












< え、あれ、ぐくじゃん? >












< 誰あれ。彼女? >












< とりまインスタとツイッターに上げなきゃ >














即広まってしまいました。













NEXT