無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第124話

テヒョン「あなたのこと…嫌いになんてなれない…。」









テヒョン「ねぇ、あなた。初めて会った日のこと覚えてる?」



























あの時、あやねもいたよね…。









あやねとの関係とかで、









俺、あなたをたくさん傷つけた…。









なんで素直になれなかったんだろ。









考えれば、俺に必要な言葉はたった一言なのかもしれない。









“ 愛してるから。居なくなるな。 ”









この一言が言えれば、









俺はあなたを傷つけずに済んだのに。