無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第127話

『…私は、生きたい…!』









『やらなきゃいけない事が、あるから…』









天使は微笑んだ。









天使「さぁ。目を閉じて。寝転がってください。そして目を開けると、あなたは起きます。」









『ありがとう…』









天使「私の分まで、幸せになってください。」









そう言って微笑む顔は、あのあやねちゃんに似ていた。









前のあやねちゃんとは違う、穏やかで優しい顔だった。