無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第149話

@ぐくside










『...ねぇ、ちょん...。』









そのときのことは、今もはっきり覚えてる。









何年も前のことなのに、









昨日のように覚えてる。









あなたは涙を手で拭いながら、









俺の目を見つめた。









真っ直ぐ見つめたことがなかった、あなたの顔。









ちゃんとした、女の子だ...。









可愛くて、白い肌。









抱きしめたくなったのを、我慢してた。