無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第101話

「「ふぁいてぃん!!」」









スマホから、掛け声(?)らしきものが聞こえる。









『テヒョン...、?』









テヒョン「しーっ!俺が良いって言うまで静かにしてて!」









『..うん、?』










「「「きゃぁぁぁぁあああああ!!!」」」












うわっ。










声援やばすぎ。









耳壊れるんだけど。









ナムジュン「armyのみなさん。テヒョンから大事なお知らせがあります。聞いてください。」