無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第84話

私が戸惑っていると、









テヒョンがスプレーみたいな物を出して、そこらじゅうに吹きかけた。









『......あ、..』



 






体がふらふらする。









『テヒョ....ン?』









テヒョン「ごめんねあなた。こうでもしないと、あなたは聞いてくれないから..」









『絶対..私は..手術なんて..受けな....』










そこで、私の意識は途切れた。