無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第210話




@夕方










ぐく「あなた〜‼︎ ちょっと遅くなっ…」









ぐく「……あなた?」









病室にあなたの姿はなかった。









一時的に居なくなってる様子ではなかった。









完全に、居なくなったみたいだ。










綺麗に揃ったシーツ。









あなたの持ち物は全部なくなっていた。









その代わり。









ぐく「……手紙…」









next