無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第92話

出産予定日にテヒョンがいない。









それが分かったのは2日前。









『 テヒョン〜…ごめんね、ちょっと気分悪くて…』









テヒョン「大丈夫?寝てていいよ、」









『ごめんね…朝ご飯、レンジでチンして食べて…』









テヒョン「分かった!」










その後、テヒョンが気まずそうに口を開いた。










テヒョン「ごめん…」