無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第118話

『はぁ、鍵も閉めてないし...』









すびん「どーするの、おかーさん」









『ごめんけど、ドア開けてテヒョン出してくれる?』


 





すびん「なんでぼくが?おかーさんがやりなよ~」









『下出てたらヤバいから、さ』←









すびん「どーゆーこと?」






 



『...いいから開けておいで』










すびん「うん!」















トイレに背を向ける。









すると、すぐにスビンが来た。









すびん「おかーさん...おとーさん寝てるよ...」









『なんでトイレなんかで...』









すびん「やっぱり、おかーさんとおとーさんケンカしたんでしょ?」










『どうして?』









すびん「だって、おとーさんとおかーさん、同じベッドで寝てる」









すびん「ケンカしたら一緒に寝れないよ、」












『...』









すびん「おかーさんお願い...仲直りして?」
















『...うん。ごめんね、』