無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第137話

ぐく「あなた。ご飯作って」









『なんで私が』









ぐく「作ってくれたら好きになる」









『…しょうがないなぁ』←










ぐく「へへ、やった」









思ってもないくせに。









でもほら。そうやって笑ってくるから。









どんどん好きが積もってく。