無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

『 た、ただいま…! 』







家のドアを開けると、









そこには、









テヒョンさんとあやねさんはいなかった。









そして、机の上に書き置きがあった。









“ あなたさんへ。



あなたさんが遅いので、



僕とあやねで夕食を食べてきます。



テヒョン ”









『 はは、笑 』









ほら。









私は置いていかれる。








ほんとに…やだ。