無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第95話

『...嘘!?もう10時だ!』










今日は韓国で出来た友達と会う日。









急いで支度して、家を出る。









.





  





ミナ「あなた遅いって~」









『ごめんごめん、ボーッとしてた』









チェヨン「はは、あなたオンニらしいw」









『ていうか私たち、なんで今日集まってんの..?』









ミナ「ふっふっふ..じゃーん!!」





  




チェヨン「私とミナオンニで買ったんだ~!」









そう言って物を私に手渡した。









『...アロマキャンドル..!』







 


ミナ「うん。そろそろあなた出産でしょ?匂い強くないやつ買ってきた」









チェヨン「病院の部屋にでも置いといて!」










『ありがとう!!これでテヒョンがいない寂しさが和らぐかもw』









ミナ「嘘だ~w」













でも。









少しは楽になりそう。









ほんとにありがとう、二人とも。