無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

私はテヒョンさんとあやねさんのいる家へ向かった。










走る足は、すごく軽かった。









私、頑張ろう。









いっぱいいっぱい頑張ろう。