無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

政府の人「 どうもこんにちは。」



『 あ、こんにちは… 』



政府の人「 僕は韓国政府のパクと言います。」






韓国人なのに、日本語上手いな…









と、密かに思ってしまった。









パク「 あやねさんとあなたさんは、どうして2人いるのか疑問に思っていますよね?」



あやね「 はい、」









私は声を出さずにうなずいた。









パク「 お2人には、1ヶ月間キム様と過ごしてもらいます。」



パク「そして1ヶ月後、キム様きどちらの方が良いかを決めてもらい、選ばれなかった方は結婚しなくても良い、という事です。」



『 じゃあ私は選ばないでくださいね‼︎ 』



パク「 いえ、それはキム様が決める事ですので、笑」



テヒョン「 笑笑 」







あやねさんが、









あんたなんか選ばれないから。と言ったのは気のせいだろうか。
ーー


作者です。



めっちゃ鬼更新しましたがどうでしたか?



通知がうるさかった人ごめんなさい‼︎



これを宣伝してくれる心優しい方は、コメしてください!