無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

『 あやねさん…運びました 』



テヒョン「 あ、ありがと… 」



ジン「 じゃ。しっかりやれよ。」



テヒョン「 ……はい 」



『 …? 』



テヒョン「 …あ、ジンヒョンのご飯…、美味しいでしょ 」



『 はい。すごく。」



テヒョン「 …そ、そっか… 」










…なんか、私と話すの嫌そう。









…嫌なら嫌って言えばいいのに。









『 …あの。結婚する気ないので、帰っていいですか。 』



テヒョン「 えっ、だ、ダメ‼︎ 」









あやねさんが起きそうなくらい、









大きな声でテヒョンさんは言った。