無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第49話

テヒョン「 …でもごめん。あなたのこと好きじゃないかも。」



『 …え、』



テヒョン「 愛してるから 」



『 …へへ、 』









冬の寒い風に吹かれながらも、









まぶしく輝く太陽に照らされたあなたの笑顔は、









宝石よりも綺麗だな、って。









生まれて初めて思った。