無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第188話




ぐく「招待状に書いてあったように今日は、」









ぐく「あなたに正式にプロポーズします。」














『……え、嘘…』










会場の中に拍手の音が響き渡る。










拍手が鳴り止むとぐくが私の前に来て、私の手を取った。











ぐく「……











…僕と、









結婚してくれますか______? 」











NEXT