無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第112話

@てひょんside。









テヒョン「なにこれ。」









あなたのスマホが電源ついたまま机の上に置いてあった。









さりげなく視界に入ってきたスマホに、









ついつい目がいってしまった。









ジョングガとの通話履歴。カトクの履歴。









ほとんどがジョングガからの通知で埋め尽くされている。









...なんなの? 










あなたは俺のこと気にしてるくせに。









あなたが浮気者なんじゃん。