無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第82話

『え。ちょっと、テヒョン?何言ってんの...?』



 
 





テヒョン「だから、俺が移植手術受けるから。性別違っても大丈夫らしいよ。声は低くはならないって。」


   







『でも...そうしたらテヒョンはどうなるの?』




   





テヒョンは笑った。










テヒョン「歌えないし声も出なくなる」