無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第117話

すびん「おかーさん...?泣いてるの?」









『...スビン。何で起きてるの?』









すびん「暗くて怖くて...といれ行けないの...」









『うん、ちょっとまってて。』









すびん「おとーさんと、けんかしたの?」











子供の勘ってするどい。

 







私の顔を覗きこんでくるスビンを抱っこして、階段を降りる。









すびん「あれぇ...といれ誰か入ってるよ...」









『...テヒョン?早くして』









中から返事は無かった。









NEXT