無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第85話

目が覚めると、














ゆんぎさんが心配そうに私をみていた。










『 ……てひょん、は…?』










ユンギ「……あなたの隣のベッドにいるよ…」










そこには、










静かに眠っているテヒョンがいた。