無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第178話







ガチャ












ドアが開く音がする。












ぐくが帰ってきた。










『ぐく!!』













ぐく「……」












『……ぐく?』













ぐくは何も言わずに、













私のことを強く抱きしめた______














ぐく「大丈夫だから。俺が、守るから。」










『うん…』









不安な気持ちを見透かされたみたいだった。









ぐく「……行こう」










『うん…』













NEXT