無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第146話

作者とおりまーす。


めっせーじ。


今回は、よるめさんに書きます。












この。

何度も何度も「愛しと」って言ったけど、私はまだまだ何度でも言えます。このは本当に大切な存在です。ずっと、このの一番になりたかった。なれると思わなかった。でもなれた。私はこのに愛されてる存在なんだな、って実感できた。このに出会えてほんとにほんとに良かった。出会いには別れがつきもの。でも私たちのは何十年も先だよ。そう信じてるから。何も言わなくても、このには私の愛伝わってるよね?双子ちゃん。愛してます。いちばんです。

これからも、ずっとずっと、私を、めうを、愛してください。 

めう