無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

そして、









私が韓国へ行く日。









『 じゃあ、行ってくるね。 』



凛「 たまには、連絡してよ。 」



『 もちろん。じゃあね。 』



凛「 うん。 」









手を振る凛に背を向け、









私は空港に入った。