無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

564
2021/03/29

第4話

平和だネ
今日は4人でお出かけします!












こんなに仲のいい友達が出来たのは初めてなので結構受け受けしておりますあなたです












呪霊って一般の人には見えないっていいよね……







とりあえず集合時間は10時なのでLET'S GO




















まだ9時30だから絶対誰もいないだろうな〜と思ってたんだが。














まさかのごじょるくんがいるんよね
(なまえ)
あなた
悟頭怪我した?
五条悟(高専)
五条悟(高専)
会って早々それは酷くね?
(なまえ)
あなた
え、だって待ち合わせ場所遅れてくるやつNo.1じゃん
五条悟(高専)
五条悟(高専)
どんなランキングだよ
モブ女
あっ♡悟さぁ〜ん!♡♡
五条悟(高専)
五条悟(高専)
うげ
(なまえ)
あなた
?誰?
五条悟(高専)
五条悟(高専)
上層部の娘のやつ、なんか婚約者らしい
(なまえ)
あなた
らしいって、ハッキリさせなよ…
モブ女
え〜っとぉあなたはぁ♡誰ですかぁ〜?♡♡
あ、私の事見えるんだ





ということは呪術師ということ……




関わりたくねー←
(なまえ)
あなた
私の名前なんかより貴方のことが知りたいな!
我ながらに親切だと思うねんけど……







こんなぶりっ子の話し相手したくないー!
モブ女
……ねぇ〜!♡♡さとるさんっ♡今から一緒におでかけぇしませんかぁ〜??♡♡
五条悟(高専)
五条悟(高専)
俺、お前なんかと一緒にいたくねぇしましてや話したくねぇし、半径50メートルには入れたくないんだよね
(なまえ)
あなた
いや極端
モブ女
え〜〜♡♡さとるさんってぇ、もしかして♡ツンデレ♡ですかぁ〜????♡♡
あ、もう手遅れのやつだ(白目)
五条悟(高専)
五条悟(高専)
……は?(キモすぎこいつ)
モブ女
ていうかぁ〜♡♡この何処の馬の骨か分からないやつと一緒にいて楽しいんですかぁ〜????♡♡
お〜めっちゃ喧嘩売られてる









でもこいつ高校生でしょ?










私100歳以上なんだよね
ここは大人の対応してやるぜ!
(なまえ)
あなた
ふふっ貴方面白いこと言うのね
五条悟(高専)
五条悟(高専)
(こいつ頭やべぇ)
(なまえ)
あなた
私は五条さんと付き合ってないし、なんなら予定もないのでいきなり喧嘩吹っかけんのはどうかと思いますよ?ふふふ
モブ女
は?
地声怖〜〜い♡♡
(なまえ)
あなた
あら?ニキビやらなんやら隠してるその厚化粧が崩れちゃいますよ?‪w
モブ女
っ、なんなのよ!!この女!!!殺してやるっ!!
(なまえ)
あなた
あ?(低音)祓うの間違いだろニヤ
女が刃物を持ってこっちに突撃してくる
















思い返してみてよ……





私は周りには見えてないわけだから、こいつ1人で変なことしてるようにしか一般の人は見えないんだよね笑
(なまえ)
あなた
ぶふっ‪w
モブ女
なに笑ってんのよ!!
弱すぎでしょこいつ、周りからの視線も集まってきたことですし……
(なまえ)
あなた
よっとガッ
ぶりっ子女に足を引っ掛ける
モブ女
痛っ!
五条悟(高専)
五条悟(高専)
‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w
モブ女
っ////////さ、最悪っ!!
そう言って猛スピードで私たちから遠ざかっていく
五条悟(高専)
五条悟(高専)
ざまぁwwww
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
お、いたいた
夏油傑(高専)
夏油傑(高専)
ちょっと探したよ
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
所でなんでこのクズはこんなにわらってんの?
_______話し中_______
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
(´^ω^`)ブフォwwwマジかよww
夏油傑(高専)
夏油傑(高専)
‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w
五条悟(高専)
五条悟(高専)
うけんだろ??
(なまえ)
あなた
‪w‪w‪w
まあ、その後は買い物したり、
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
おら、男共は荷物持ちな
五条悟(高専)
五条悟(高専)
はぁ!?なんでだよ!
(なまえ)
あなた
よろしくね〜
五条悟(高専)
五条悟(高専)
ちっ
夏油傑(高専)
夏油傑(高専)
(わかりやす)
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
(わかりやす)
カフェ行ったり
(なまえ)
あなた
(゚Д゚)ホワァ何だ、これ
店員
お待たせ致しました〜超特盛フルーツパフェで~す
夏油傑(高専)
夏油傑(高専)
こ、これは……
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
おい、これほんとに食うのかよ
五条悟(高専)
五条悟(高専)
みんなで食うなら大丈夫だろ
これでも買ってくらいのフルーツが盛られたパフェ見たことないぞ
(なまえ)
あなた
でも、めっちゃ美味そう✨
五条悟(高専)
五条悟(高専)
それ✨
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
2人とも目がキラキラしてんな
夏油傑(高専)
夏油傑(高専)
そうだね
でもいざ食べようとすると、高さが高さだから届かない



なんで歳はとるけど身長は中学生のままとか、
(なまえ)
あなた
さいあく……グヌヌ
五条悟(高専)
五条悟(高専)
なに、届かねぇの
(なまえ)
あなた
あんたとは違って180以上の身長ないからね
五条悟(高専)
五条悟(高専)
……口開けろ
(なまえ)
あなた
?なんで?
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
…………うわぁ
夏油傑(高専)
夏油傑(高専)
悟るこっちの身にもなりなよ
五条悟(高専)
五条悟(高専)
うるっせぇ!
五条悟(高専)
五条悟(高専)
おら、口開けろ!
          えぇこわ
(なまえ)
あなた
んぁ……むぐっ((
いきなり口になにか入れられたかと思ったらパフェだった
(なまえ)
あなた
…………
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
あれ?あなた?
(なまえ)
あなた
うんまぁぁ✨✨
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
かっわいい…
夏油傑(高専)
夏油傑(高専)
同感だね
五条悟(高専)
五条悟(高専)
……//////
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
自分でやっといて照れてやんの
(なまえ)
あなた
悟!もっかい!!
想像より美味しすぎて自分でも驚くほど興奮してしまった
五条悟(高専)
五条悟(高専)
ん、/////
夏油傑(高専)
夏油傑(高専)
なにを見せられてるんだろうね
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
ホントだよ
このあと2人は耳を赤くしながら餌付け(?)している←本人はあーんしてる(自称)五条と美味しすぎてそれどころじゃないあなたのイチャイチャを見せられたようです
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
そろそろ帰るかぁ
夏油傑(高専)
夏油傑(高専)
そうだね
(なまえ)
あなた
パフェ美味しかったぁ
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
さっきからそれしか言ってないな
五条悟(高専)
五条悟(高専)
…////
夏油傑(高専)
夏油傑(高専)
乙女かな←
とそこに
結季(ユキ)
結季(ユキ)
あれっあなたや〜ん!最近あってなかったなぁ
(なまえ)
あなた
あ、結季!
結季(ユキ)
結季(ユキ)
あれ、こちらはどちら様で?
五条悟(高専)
五条悟(高専)
んだよ
なにこれなんで初対面で睨み合うのよ
結季(ユキ)
結季(ユキ)
言っとくけどあなたはうちのや
五条悟(高専)
五条悟(高専)
は?なんでお前が決めつけんだよ
結季(ユキ)
結季(ユキ)
俺はお前よりあなたのことを知っとるまず下着の色h((殴
(なまえ)
あなた
……なに、言おうとしたのかな?ん?いってごらん?お姉さん怒らないからさニコッ
結季(ユキ)
結季(ユキ)
……いや、ばba((殴
(なまえ)
あなた
あれ、そんなに早くあの世に行きたかったの?モーハヤクイッテヨー!ゴキッゴキッ
結季(ユキ)
結季(ユキ)
ドウモスミマセンデシタ
家入硝子(高専)
家入硝子(高専)
何このカオス
五条悟(高専)
五条悟(高専)
おい、あなた
(なまえ)
あなた
ん?
あ、結季はいなくなっぞ☆←
五条悟(高専)
五条悟(高専)
あいつと付き合ってんの?
(なまえ)
あなた
はい?違うけど
てか呪霊同士付き合うとか初めて聞いたぞ































あとなんでちょっと怒ってんのよ