無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

401
2021/04/28

第5話

月日が流れて
なかなか更新できなくてすいません😅


本編どぞー



━━━━━━━━━━━━━━━










それからあっという間に何年という月日が経って












その時の流れと共に悟達は来なくなった
(なまえ)
あなた
……何年喋ってないっけ
私の数年は一日みたいに短く感じるけど
(なまえ)
あなた
そろそろ、かな





そう、ここ最近





私は悩んでいた
















この腐った世界でのうのうと生きていいのか






悟達になら祓われてもいいんじゃないかって











私のいる意味あるのかなって





(なまえ)
あなた
あ、
懐かしい気配









私の唯一の友達



(なまえ)
あなた
悟と硝子だ



私は気持ちを整えて、でも胸を少し嬉しさで膨らませながら








逢いに行く祓われる
━━━━━━━━━━━━━━━
五条side
五条悟
五条悟
ほんとにここは変わんないね
家入硝子
家入硝子
…そうだな
五条悟
五条悟
………
家入硝子
家入硝子
なんだ、珍しく静かだな
五条悟
五条悟
いや、あなた怒ってるかなって
家入硝子
家入硝子
ま、初恋の子を何年もほっぽいとんだからな
別に離れたくて離れた訳じゃない





僕が頻繁に呪霊の生得領域に行くものだから




怪しんだ五条家があなたを突き放した





それは手慣れたもので



自然を装って



刹那






懐かしい気配を感じた






でも前より呪力が強くなってる気がする
━━━━━━━━━━━━━━━
久しぶりに自分でここに来た気がする
(なまえ)
あなた
……っ…、、
懐かしい背中を見つける




ああ、この名前を声にするのも懐かしいなぁ
(なまえ)
あなた
……悟
五条悟
五条悟
や、あなた