第6話

1,040
2023/09/17 02:14
あなた
やばい…
今は家の近くの公園のブランコに乗っている
あなた
私…、深田竜生の彼女に…なった、、
え、まって普通にやばくない?
あの浮気野郎だよ?←
あなた
どーしよ、







深田竜生
あなたの下の名前、?
隣のブランコに座った
あなた
え、
おいおいおいおい←
何故ついて来た
あなた
なんでしょうか
深田竜生
加奈と、凪咲振ってきた
あなた
え、?どうして
深田竜生
あなたの下の名前と真剣に付き合いたいから
嘘だろ、
遊びの方が振りやすかったのに←
あなた
本当に?、笑
嘘でしょ?
深田竜生
本気だよ
がちだ←
あなた
そっか、分かったありがとう
あなた
でも、今はまだ色々混乱してるから
深田竜生
だよね、笑
急にごめん
あなた
うんうん、全然
深田竜生
ちょっと話さない?
あなた
いいよ、?笑


織山 Side


あれから、数時間
まだ帰ってこない、何やってんだろ


LINE

織山
織山
もうそろそろ帰ってきたら?
織山
織山
もう11時なんだけど



一応LINE送っておいたけど、未読スルー
織山尚大
何してんだよ、あいつ…
俺はベッドから起き上がった


「 笑笑 」

外から、男女の笑い声が聞こえた
多分、公園かな

二階の窓から除いてみた



織山尚大
は…、


そのには、深田とあなたの下の名前が2人で話しながら笑い合っていた



\ ピコンッ /
  
返事が来た
織山
織山
もうそろそろ帰ってきたら?
織山
織山
もう11時なんだけど
姫野 
姫野 
ごめん、返事遅くなった
姫野 
姫野 
12時までには帰ってくるから先寝てていいよ?


12時、、?
現在11時19分
あと約40分間公園で深田と話すつもりなの ?
織山
織山
今誰といるの?
姫野 
姫野 
誰であろうが尚大には関係ないでしょ
織山
織山
なにそれ、もしかして男?
姫野 
姫野 
ちがう、女の子の友達

え、でもあいつと居るのは深田だけ 、
織山
織山
本当に?嘘だろ
姫野 
姫野 
もういいでしょ?尚大には関係ないから先寝てて



俺はいつの間にか家を飛び出して公園へ向かっていた




あなた
いやぁ、以外と深田くんって面白いんだね
深田竜生
なに以外とって、笑
あなた
だってさ、内村くんも黒田くんも深田くんも女遊び激しい人で怖いなーって思っててさ
深田竜生
まぁ、笑
深田竜生
でも、黒ちゃんはそんなことしてないよ
あなた
うん、知ってる
良かった〜
あなた
舞夏本当に毎日嬉しそうで
深田竜生
確かにね 笑
あなた
うん 笑
こうして深田くんと話していると以外にも楽しかった
あなた
あ、そういえばさ 、!
私が話しかけたその時





織山尚大
あなたの下の名前、
あなた
え、尚大?
深田竜生
あ、おり〜
深田竜生
どうしてここに?
織山尚大
嘘つかないでよ、あなたの下の名前
あなた
ご、ごめん
織山尚大
深田はまた明日話すから
じゃあまた
あなた
えっ 、
深田竜生
え〜、ちょっと




私は尚大に手を引かれ家へ連れ戻された







あなた
なに?今話してる最中だったんだけど
織山尚大
なんで深田と居たの
あなた
深田くんにカラオケ誘われたから
織山尚大
で、?行ったの
あなた
うん、
織山尚大
なんで嘘ついたの
あなた
怒られると思ったから、
あなた
でも、尚大には関係ないから
織山尚大
関係ある
あなた
ない、!
あなた
もういいでしょ、?寝よ
織山尚大
だめ、ちゃんと話して
あなた
なんでそんなに聞いてくるの、?
あなた
尚大だって、色んな子と遊びに行ってるんだからこれくらいいいでしょ
織山尚大
帰ってくるのが、11時過ぎとか
織山尚大
危ないし、もしお母さん居たら2人ともめちゃくちゃ怒られるんだよ?
あなた
別に危なくない
あなた
深田くん居るし、守ってくれる
織山尚大
なんで守ってくれるって言い切れるの、?
あなた
もういいよ、それ以上聞かないで
あなた
おやすみ






next

プリ小説オーディオドラマ