第5話

1,067
2023/09/15 13:27
あなた
うわぁ、暗っ
9時って以外と外暗いんだ…






あなた
あ、ここかな



深田竜生
あ、姫野ちゃんこっち!
あなた
あ、はい。






🚪
あなた
で、話とは
深田竜生
えっとね、



[織山 Side]
織山尚大
ただいま、


帰ってきたらあなたの下の名前は居なかった
もうとっくに9時を過ぎている
織山尚大
なにこれ、


          尚大へ

 今日は、9時から駅前のカラオケ屋さんに行ってきます。
 お母さん達にバレたら私が責任を取るので私が勝手に行ったと言っておいてください。 
   
                       」
織山尚大
あいつ、、
織山尚大
俺が怒られるって言ってんのにさぁ
誰とだ、?
一人で行かせて大丈夫なのかな




なに考えてるんだ、
別にあなたの下の名前の事なんかどうでもいい 、
織山尚大
もう、寝よ
ベッドに入りスマホを見た




深田竜生
えっとね
あなた
はい、なんですか?

深田竜生、中々言わない
早く言えよ、
早く情報も聞いたら帰りたいんだけど
深田竜生
じゃ、情報教えるから俺と付き合って? 笑
あなた
ん、?

なに言ってるんだ、こいつ
あなた
え、
「無理です」と言おうと思った、
でも、私にはもう普通の恋愛はできない、
青春はもうない。
なら、いっか、
小日向舞夏を全力で助けて応援するためなら、なんでもやる
あなた
わかりました
あなた
付き合うので、教えてください
深田竜生
え、いいの??笑
深田竜生
やった〜笑
深田竜生
俺さぁ、ずっとあなたの下の名前の事気になってて
あなた
はぁ、
いきなり下の名前で呼ぶなよ、
あなた
あと、2人ならどっかのカフェとかで良かったじゃないですか
深田竜生
え、2人じゃないよ?



🚪
深田竜生
あ、きたきた!


は、?
誰か来るの?
立岡加奈
あっ、!竜生くん〜!


ギュ~


嘘でしょ、人の目の前で抱きつくとか…
てか、この子


立岡加奈、、、
立岡加奈
この子誰ぇ〜?
深田竜生
ん〜?この子はね、俺の彼女!
立岡加奈
もぉ、また彼女つくっちゃったのー?
深田竜生
うん、笑
あなた
他にも居るんですか、彼女
深田竜生
うん、あと〜2人居る
あなた
え、?
私合わせて、3人、
やばい、この人
立岡加奈
あっ、ちなみに〜私が二人目!
あなた
え、?でも、立岡さん内村くんと…
立岡加奈
うんっ、!内村くんとも付き合ってるよ〜?
あなた
え、二股、、?
立岡加奈
二股??笑
立岡加奈
2人とも良いよって言ってくれたから、付き合ってるだけだよ?
立岡加奈
てか、凪咲来るの?
深田竜生
もうさ、凪咲振ろっかな〜
立岡加奈
え、もしかしてぇ
深田竜生
凪咲よりかわいい子見つけた、笑
あなた
でもそんな、可哀想では、?
深田竜生
こっちに合わせてくれない向こうが悪いじゃん笑
あなた


立岡加奈
加奈は、竜生くんに合わせてるよっ??
深田竜生
ありがと〜
立岡加奈
うんっ




あの、学校でスーパーアイドル様って呼ばれてる裏では、こんなに最低な人だったのか、
深田竜生
あ、そうそう黒ちゃんね
深田竜生
本命は、小日向ちゃんだけだよ
深田竜生
あと、小日向ちゃん一筋他に女は居ないよ
あなた
え、?なら普通にそうやって言ってくれれば
深田竜生
だってさ、付き合いたかったし
あなた
嘘でしょ、 
立岡加奈
ねぇ〜、姫野だけずるい〜
深田竜生
分かった分かった、




無理無理、何この状況
私は、知らぬ間にあの場を飛び出していた



next


ちょっとえぐいね((なにが
なんか、おもんないかも(((は
なんか、この続きになるようなネタある人いる?
初コメ大歓迎(
一応かけてるけど、参考にしたい(は

プリ小説オーディオドラマ