第4話

賛否両論
58
2019/04/19 15:28
あたしはここに留まることを決めた


そのことを、親友である花に言ってみた
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
あたし、まだここにいる

そして学ぶ事にしたよ
花
かわったね
花
前は、自己満足感しかなかったのに笑
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
そうなんだ……
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
って少しはフォローしなさいよ!
花
でもそれでよかったんじゃない??
花
そこにいるって決めたのはそれだけ?本当に
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
そうだよ?
花
ふーん……
平野くんは?

関係してないの?そこに
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
平野くんは、尊敬できるし尊敬してるよ

だけど……
花
そうなんだー
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
何よ笑
花
何も?笑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
花はこんな感じだったけど……


何を言いたかったんだろう?

そんな時突然父から電話がなった

プルルルル……
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
はーい
どうしたの?
誠一
誠一
美桜。ごめん、会社続けれそうにないんだ
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
え?
誠一
誠一
うちの社員が横領した
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
え?!
ここであたしの全ては消えた
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
え、じゃぁこれからどうなんの?
誠一
誠一
ごめんな……。

会社の評判落としてしまった
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
いゃ、父さんのせいじゃないでしょ
誠一
誠一
俺のせいなんだ。

そいつは、俺が信頼していたやつだから
結構甘く見てた
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
そんな……
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
母さんは?

母さんなんて言ってるの?
誠一
誠一
母さんは、倒産したいいと言ってるよ


時間がとまった


あたし達どうなるの?

そうして、父はそれだけ伝えて電話をきった


そして、その後また誰かから電話が掛かってきた
母からだった
プルルル……
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
もしもし?
杏
美桜?
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
うん
杏
父さんから聞いた?
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
聞いたよ……
杏
ごめんね。

明日会議開くから……
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
わかった……
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
これからどうするの?
杏
それは、少しずつ考えよ……?
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
うん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そう言うしかなかった
この事は、誰にも言わなかった


もちろん、親友である花にも……


その翌日


母が言っていた通り会議が開かれた


記者達が、集まっている


人の視線を強く感じる



『なんで、倒産するんですか?』


『社員をどうするんですか?』って声が聞こえる


その場に居たあたしは何も答えることが出来なかった


そのニュースをみて知った花が心配で駆けつけてくれた
花
大丈夫??
花
なんか大変なことなってるけど……
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
大丈夫!

なんとかなるから
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
それに、バイトしてるし……
花
それも、バイトではなくなったじゃん……


確かにその通り……


答える言葉が見つからない


どんな顔して、世間に出ればいいんだろう
ただ、何もせず引っ込んでいるわけでもいられない

待ってたって物事は片付かないから……

ただ、“生きていくため,に、今まで馬鹿にしてたが自分のために働くことにした


だけど、仕事先なんで見つからなかった……

そんな状態を知っている花からいつも『大丈夫?』とメールが届く

『大丈夫だよ』とだけ、返信するが

働き場所なんてなかった


今まで、完璧な世界で生きていたからか……


こんなあたしを受け入れてくれる人なんていない


結局宛もないまま、バイトへ向かった

バイト先へつくと真っ先に平野くんが声をかけてくれた


ニュースを見たのかしら……
紫耀
紫耀
大丈夫??
紫耀
紫耀
なんか大変なことなってるね……
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
大丈夫

なんとかなるから
環奈
環奈
紫耀くん心配してたよ?
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
そうなんだ……
紫耀
紫耀
なんかあったらいつでも協力するよ!
その言葉が何より、嬉しくて悲しくて
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
でもあたし、仕事先が……まず見つからなくなってしまった……
紫耀
紫耀
ここにずっと居たら?
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
え?!
そんなことが許されるの?
優斗
優斗
てかいてよ!
けんけん
けんけん
寂しいもんね

いきなりさよならーなんて
大志
大志
だから居てよ!
その言葉がこんなにも嬉しいなんて
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
ありがとう。

あたし居ていいのかな?
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
麗奈𓃟ﻌﻌﻌ❤︎
お世話なっちゃっていいかな
紫耀
紫耀
もちろん!
優しいな。

あたしは、本当の優しさを知らなかった


あたしが感じていた幸せって何だったの?

あたしの、“幸せ"は幸せでは無かった……


見掛けだけ

綺麗に見られるための


全てが飾りだった……

その、常識をあなたは覆してくれた

ありがとう……
だけど、そのニュースをみた1部の方は

口を揃えてアンチをする

ネットの声も上がっている


あたしを応援してくれていた方も……

その現実があたしにとっては耐えられないものだった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人
え?
まだ、そこいたんだ
人
図々しいね

今まで、威張り倒してて
人
それね?

腹立つ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それから、数日後


ネットの声は、声だけじゃ収まらなくなった

『行動』もでてきた


仕事終わり、帰っていると見ず知らずの人間から罵倒を浴びた

これが、可愛いものだと知らずにあたしはその日を終えた

プリ小説オーディオドラマ