無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3.。o♡
冴島
冴島
○○○○君、15歳。骨盤骨折に意識不明です。

〜治療が終わり一段落したところに白石と緋山が来た〜

(すごい飛んでてすみません(;^ω^))
白石
白石
私のカバンに薬入ってるから取ってきてくれない?
緋山
緋山
はーい🙋
緋山
緋山
はい、どうぞ〜
白石
白石
ありがと〜!!
緋山
緋山
もう今日は帰った方がいいよ?
白石
白石
えっ、でも、もう少しすれば良くなるから!
緋山
緋山
ダメ!そうやっていつも無理するからダメなんでしょ〜?あ、あと、今日白石の家止まってもいい?
白石
白石
いいよ〜!!
緋山
緋山
ありがと〜!

〜白石の家で〜
白石
白石
どうぞ〜
緋山
緋山
うわ、めっちゃ綺麗になってるじゃん
白石
白石
散らかさないでよ〜
緋山
緋山
それはどうかなぁ〜
白石
白石
ご飯作るからちょっと待ってて〜
緋山
緋山
じゃあ私はお風呂入らせてもらうー!
白石
白石
はーい

〜ご飯を作り終わり〜
白石
白石
ビールいる?
緋山
緋山
当たり前でしょ?‪w
白石
白石
はーい‪w
白石
白石
はい、ビール。
緋山
緋山
ありがと〜!!早く食べよ〜
白緋
いただきまーす!
緋山
緋山
あんた料理上手いじゃん!藍沢にも食べさせてあげたらー?‪w
白石
白石
えっ、やめてよ〜、デートみたいじゃん///
緋山
緋山
逆にいいじゃん!デート💗白石、藍沢のこと好きなんでしょ?‪w
白石
白石
べ、別に?
白石
白石
(ホントは好きだけど‪///)

٭•。❁。.*・゚ .゚・*.❁。.*・٭•。٭•。❁。.*・゚ .゚
ユメ🦄💭💗
ありがとうございます!