無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

172
2021/07/23

第10話

Seven
作者
今回話の展開くそ早いので頑張って追いついてください()
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





病院へ行かないと…
行かないことには何もわからないし進まない
______
到着
あなた

えっと、如月○○の娘です…

かっtttt()
受付の人やらなんやら
うおおおってなって
よし進もう(過去一適当)
あなた

ここか、

あなた

ハァ…

ガラガラ…
病室に入ると点滴の打たれた寝たきりのお母さんの姿があった
その場に居ても何も無いので
とりあえず警察の方達に話を聞いて
その日は帰った


____
でも帰って明日の準備やらしてる時に
お母さんが死んだって言う電話がきた
なんでか分からないけど涙が出たきた
いつも殴られて蹴られて痛かったのに
なのに涙が止まらなくて悲しかった
それに今まで辛かったけど
今思えばお母さんが死ねばいいのになんて思ったこと無かった
私はお母さんのことが好きだったのかもしれない
だって小さい時からいつも家にいたのは
お母さんだけだもん。

それに私が小さい頃は優しいお母さんだった
あなた

まだ…仲直り出来てない…のに。。

私もみんなみたいに家族でお出かけとかしてみたかった…
________
やらなきゃいけない事だらけだから
とりあえず明日明後日くらいは学校は休もう、
気持ち的にも。


いじめだって前ほど無くて辛いけど楽しかったのに。












あんなに酷い人だったのに
なんで嫌いになれなかったんだろう。
その方がもっと楽だったのに
________
作者
重い!!!
重いって!!!!!
作者
ごめんなさい!!!急に夢主ちゃんネガティブちゃんになってしまった!!!
作者
でも安心して!!
私の作品って全部夢主ちゃん情緒不安t((殴
作者
((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア
作者
おつばなn。。。。。(死)