無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

11.本題
サリア
サリア
じゃあ、本題に入ろうか。
サリア
サリア
サッター。薬の方はどう?
サッター
サッター
まぁまぁって感じかな。でも、薬を研究するための材料が少なすぎて…
サリア
サリア
そっか…
サリア
サリア
ほかは?
ニーナ
ニーナ
こっちもまぁまぁってとこかな。
今私達は、3つのグループに分かれている。

私を主任とする、「脱出の計画を立てる」グループ

ニーナを主任とする、「脱出に必要な材料を集める」グループ

そして、さっき誤解が解けて、新しく作られた「薬を作る」グループだ。


メンバーは

1、サリア・アレア・ハルリア・マニーヤ
2、ニーナ・カロル・ケロル・サーヤ・カテーラ・エレナ
3、サッター
だ。
  
サリア
サリア
私達の方は、半分くらい進んだよ
サリア
サリア
一番の問題は、どうやって監視の目をすり抜けるか。
エレナ
エレナ
それなら、これを使えばいいんじゃない?
そう言ってエレナが取り出したものは、



























ナイフだった。