無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

10.誤解 サリア&サッターside
サリア
サリア
うわ…もう朝か…
昨日は全然寝れなかったな…

サッターについて考えすぎた…

そうだよ、もしかしたら私の思い違いかもしれないし…
サッター
サッター
ちわ〜す
サリア
サリア
あ…おはよ…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サリア
サリア
…んじゃ始めよ
サリア
サリア
まずは…
サリア
サリア
……
どうしよ…「薬」のことについて話す勇気がない…
アレア
アレア
薬について、でしょ?
サリア
サリア
アレア…
サリア
サリア
…うん。そう。薬について、話したいことがあるんだけど
サッター
サッター
あの…
サリア
サリア
…なに?
サッター
サッター
薬のことなんだけどさ
サッター
サッター
俺、なにを企んでるわけじゃないよ?
サリア
サリア
サッター
サッター
昨日行けなかったのは、薬について研究してたから。
サッター
サッター
薬の元を持っていったのは薬の研究材料に使うため。
サッター
サッター
薬の研究をしていたのは皆で脱出するため。
サッター
サッター
だよ?
サリア
サリア
……
ハルリア
ハルリア
サリア…
サリア
サリア
……めんね
サリア
サリア
ごめんね!
サリア
サリア
勝手に思い込んで疑ってごめん!
サッター
サッター
…いいよ。
サッター
サッター
俺もなんか誤解させちゃうような感じだったしさ。
サリア
サリア
ううん。全然
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者音寧
作者音寧
変なところで切ってごめんなさい!