無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

一目惚れ(クオレside)

今日は入学式!

学校どんなんだろ…

私は自分で意見とか主張できないタイプだから…少し怖いな
ココア
ココア
ねぇねぇ名前なんて読むの?
わぁっ!話しかけてくれた!
よく聞かれるんだよねー名前のこと
クオレ
『クオレ』だよ!よろしくね
ココア
ココア
よろしくーー!私は『ココア』って読むの
ココア
ココア
まぁ、自己紹介はいーからさ!あの男子かっこよくない?
誰だろ

クオレ
ドコーー?
ココア
ココア
前の席の左斜め前の人!
クオレ
あ、いt…





その瞬間…、







クオレ
目が合った…?
シュンヤ
シュンヤ
(ペコ













かっこいい






イケメン?





やばi…

ココア
ココア
ね!かっこいいよね?
クオレ
確かに…w
ココア
ココア
でもねー好きにはならないかなー
え…?

かっこいいから好きになるじゃん?

え?

そーだよね?
クオレ
少しわかるー
ここは便乗。

小6でつちかってきた知識の一つ。

あえて“少し”を入れとく。

もし好きになったら…



いや、ならないけど?




な、ならないけど






…なっちゃったら言い訳に使うため。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



これが一目惚れをしたと気づかなかった日の…友達ができた日の話