無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

翌朝
重影
…(   ω   ) zzZZZZ
中影
おい!重影ぇえ!!
重影
…ぁ?
中影
なにが…ぁ?やねん!今日から稽古や!
重影
うんもぉ…分かってるってぇ…
眠い。



濵千代との仲が良くなくなり始めた頃から、

稽古、受けてなかったし、、


手裏剣の練習すらしてない。



まあ、俺上手いからな?


そんな練習せんでも出来んねん!←




うん、できる。←←




早起きして稽古場に行くとか、

10年近く前のことだわ。



てか、藤千代は?




絶対寝てるやろ、、アイツ…。




まだ眠い目を擦りながら台所へ。



はぁ、朝ごはん作らな…。
藤千代
重影、おはよ!
重影
おは…は?
台所に立っているのは紛れもなく藤千代。




重影
お前、起きてたん…。
藤千代
うん。重影、起きひんかったから。
いい匂いが漂い、お腹が空く。
藤千代
よしっ!できたっ!!
藤千代はご飯を盛って、机に置いていく。




朝ごはんとは思えないくらいの豪華なおかずが並ぶ。



桐影
藤千代、ありがとなぁ~助かるわぁ。
藤千代
いえいえ、ここに住まして貰っているので!
みんな
いただきます!!
重影
うまっ!
こうやってご飯を一緒に食べること、

最近なかったかも。




そういえば、

昔こんなことあった気が…。



_______




重影
お前、飯なんか作れへんやろ?笑
濵千代
はぁ!?馬鹿にするの!?
重影
えぇ?できそうに見えへ~ん笑
濵千代
はぁ。はい。
重影
え、出来てるやん…
濵千代
ほーら。ね?甘く見るんじゃないわよ?
重影
すげー!濵千代!
ナデナデ)
濵千代
ちょ、やめて…//
重影
照れてんの~(ニヤニヤ)
重影
なぁ、食べてええ?
濵千代
えーよ。
重影
(パクッ)…。
濵千代
ど、どう?
重影
言うていい…?
重影
まずい…
濵千代
嘘っ!?ごめんね!重影!
重影
うげぇ。
濵千代
無理して食べんでええよっ💦
重影
いや、食う。
重影
濵千代頑張って作ってくれてたもん。
濵千代
でもっ…
重影
俺のために作ってくれたんやろ?
濵千代
…、うん。
重影
嬉しいわ。
濵千代
…え?
重影
濵千代だから嬉しいねん。ありがと。
重影
ま、最悪、将来は俺が飯作ったるわ。
濵千代
何よ、失礼な…!
________。



懐かしい。


そう言えばこんなこともあった。




しょうもないことやけど、

何気にこの頃が一番幸せやったかもしらん。



なんでこんな時に思い出してまうんやろ。




あぁ、最近会ってないな…。





濵千代、今どこで何してんやろ…。