無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

助けて、

濵千代side


濵千代
私をどうするつもり…!?
殿様
そろそろ、わかると思ったのじゃが…

殿様が腰に手をかける。


嫌な金属音が響いた。

濵千代
…っ!?嫌ぁ!!
殿様
ふぉっふぉっふぉ、早まるでない。
殿様
夜明けまでまだ時間がある。


そう言って腰から手を離した。

重影
       濵千代ー!!
濵千代
…っえ?


微かに聞こえる、


私の名前を呼ぶ声。



その声にどこかほっとしてしまった。





それはもう、

ずっと一緒に頑張ってきたそんな人。





なぁ、重影。

重影
       どこや、濵千代!!
濵千代
っ、こ、ここよっ…!
重影
        濵千代を出せー!!!


私の声は聞こえてないみたい。


殿様
ふん、ここからやと
相当な声を出さんと聞こえへんわ。
濵千代
…っ、助けて…!!助けて重影っ!!

私は精一杯に叫んだ。

重影
濵千代!?聞こえたぞ濵千代!!
さっきより鮮明に聞こえた、重影の声。



さっきより、近づいてきてる。

重影
待ってろ、助けてやるから!!
重影
ぜってー死ぬなよ!!
濵千代
…うん!!


なんでこんなに優しいんだろう。





あの時裏切ったのは私やのに。







でも、そんなん分かってたはず。。。













重影
『ご褒美あげるわ。』







ちゅっ)














昔から好きを君は伝えてくれていた。





でも、それに私は返事はしようとしなかった。





いつもと同じように接してくれる重影。


それにに甘えていたのかもしれない。







そう。



意地張ってただけ。










今ならわかる。伝えられる。





殿様
重影の奴、
ホンマに助けてくれるのかのぉ?
殿様
ふっ、自分のためなら仲間を見捨てる。
と、ワシは思うのじゃがな~?
濵千代
っ…!








馬鹿にするな。





濵千代
私の好きになった人は、そんな人やないっ…!!












好き。











遅くなってごめんね、重影。